キャッシング、カードローンの申し込みで審査が必要な理由

キャッシング、カードローンの申し込みで審査が必要な理由

カードローンやキャッシングの利用にあたっては、例外なく審査があります。無担保ローンに限らず、住宅ローン、自動車ローン、ブライダルローンなども同じです。お金を借りるには審査に通らなければならない、と覚えておきましょう。

お金を貸して、その金利で利益を出している会社なのに、どうして審査などするのだろうかと腹立たしく思う人もいるかもしれません。急いでいれば特に、黙って貸してくれれば良いのに、と思うでしょう。しかし貸す側の立場になってみれば、そういうわけにはいきません。お金を貸す以上、きちんと返してもらえるのか、という点を審査で判断します。審査は、返済能力を調べるため、と考えていただいて結構です。

もしも自分がお金を借りる立場ではなく、貸す立場だとしたら、審査される理由がよく分かるでしょう。友達や家族にお金を貸してほしい、と頼まれた時、無条件に貸すでしょうか。ちゃんと返してくれるだろうか、と心配するのではないでしょうか。無職で今日の食事にも困っている友達にお金を貸せば、返ってこないのではないかと不安になるでしょう。銀行や消費者金融、その他お金を貸す会社も同じことを考えます。お金を借りてほしいとはいえ、ちゃんと返してくれる人かどうかは確認しておきたい、というわけです。

返済能力を重視することが分かれば、どんなことを審査されるのか自ずと分かってくるはずです。ちゃんと働いているのか、給料はどれくらいなのか、何年くらい働いているのか、といったところを気にするのは当然です。キャッシングの申し込み時には名前や住所のほか、勤務先や年収なども申告することになります。

中にはお金を借りたい一心で、つい嘘八百の情報を書き込んでしまう人もいるかもしれませんが、これは決してしてはいけません。在籍確認がありますので、嘘の勤務先を書いてもすぐにバレてしまいます。年収や勤続年数は、その時点ではバレないかもしれませんが、もしもバレた時は、二度とお金を貸してもらえないでしょう。嘘をつく人は信用に値しないのは言うまでもありません。

↑ PAGE TOP