よく聞くカードローンとはどのようなもの?

よく聞くカードローンとはどのようなもの?



カードローンという言葉を知っていても、具体的にはよく分からないという方は多いはずです。キャッシングなどとの違いも分かりずらいと感じる方もいるのではないでしょうか。

カードローンについて理解することで、借入時にどの方法を使えば一番最適か分かりやすくなるでしょう。今回は、カードローンや借入先ごとの特徴についてご紹介します。

カードローンについて

カードローンとは、ATMでカードを使用することにより借入が出来る、銀行や消費者金融で扱っている商品です。

カードローンでは、個人が担保無し・保証人無しで銀行や消費者金融から小口のお金を借りることが出来ます。無担保で融資が受けられる分、信用力が重要とされ審査も厳しくなっています。

また、カードローンは限度額を超えなければ何度でも借入することが可能です。例えば、限度額が30万円だとすると、借入の合計が30万円を超えなければ何回も借入ができる仕組みになっています。

つまり、限度額の範囲内なら借入時に審査を受ける手間が無いので、手軽にキャッシングが出来ます。このような点は便利ですが、使いすぎに注意する必要があるでしょう。

他には、カードローンの資金使途が自由ということも特徴として挙げられます。カードローンで借入したお金をどのような目的で使用しても構いません。しかし、資金使途が限られている借入に較べて、金利は高く設定されています。

キャッシングやクレジットカードとカードローンの違いは?

キャッシングやクレジットカードとの異なる点を見ていきます。

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとは、消費者金融や銀行などから小口のお金を借りる行為を指します。カードローンは上でも見たように、借入を行える商品のことです。「カードローンでキャッシングをする」という言い方をすることもあります。

クレジットカードとカードローンの違い

クレジットカードには、現金を使用せずに買い物が出来るショッピング枠と、キャッシング枠があります。しかし、カードローンにショッピング機能は備わっていません。

クレジットカードとカードローンの違い

クレジットカードには、現金を使用せずに買い物が出来るショッピング枠と、キャッシング枠があります。しかし、カードローンにショッピング機能は備わっていません。

また、クレジットカードの審査よりも、カードローンの審査の方が厳しくなっています。

借入先によってどのような特徴があるの?

消費者金融や銀行などでカードローンを利用することが出来ます。それぞれどのようなメリットやデメリットがあるのか確認しましょう。

消費者金融カードローンについて

消費者金融では、審査の時間が短くすぐに借入が出来ることが特徴です。早ければ30~40分程度で審査を終えることが出来ます。即日融資を受けたい方は適していると言えるでしょう。

また、消費者金融では借入できる金額が年収に応じて制限されています。これは、消費者金融などの貸金業者から借入をする場合、総量規制が適用されているためです。この総量規制により、借りられる額は年収の3分の1までとなっています。

銀行カードローンについて

消費者金融では、審査の時間が短くすぐに借入が出来ることが特徴です。早ければ30~40分程度で審査を終えることが出来ます。即日融資を受けたい方は適していると言えるでしょう。

また、消費者金融では借入できる金額が年収に応じて制限されています。これは、消費者金融などの貸金業者から借入をする場合、総量規制が適用されているためです。この総量規制により、借りられる額は年収の3分の1までとなっています。

銀行カードローンについて

銀行カードローンでは、消費者金融に較べて審査が厳しく、時間も掛かるのが特徴です。また、銀行カードローンの場合は金利が低く、借入の上限が消費者金融よりも高めです。

銀行カードローンは総量規制の対象外なので、法的には借入金額は制限されていません。とはいえ、各行とも800~1000万円を借入条件として定めています。

今回は、カードローンの特徴や、借入先による違いを見てきました。このような点を確認しておくことで、自分に合った借入を選択することができ、返済もより計画的に行うことが出来るでしょう。

まとめ

・カードローンは無担保で小口の借入をすることが出来るため、信用力が重要とされる
・カードローンは資金使途が自由であり、限度額を超えなければ何度も借入が出来る
・消費者金融カードローンはすぐに借入も可能だが、借入額は年収の3分の1までとされる(総量規制)
・銀行カードローンは、審査に時間が掛かるが金利は低い
・消費者金融は、総量規制の対象だが、銀行カードローンは対象外



学生だけど、お金が必要…それなら学生ローンが便利!

カードローンを利用できるのは、社会人だけだと思っていませんか? 大学生や専門学生でも、お金が必要になることってありますよね。 でも親には借りられないし、かと言ってバイト代だけじゃ足りないし…と悩んでる方も多くいることでしょう。 そんなときは、学生専用の学生ローンを利用するといいですよ。 学生ローンでは、学生が利用しやすいように、様々なサービスや配慮を行っています。

その1:友人の紹介をすると特典がある 友人の紹介をすると、利息が安くなったり、金券が貰えたりとお得なサービスとなっています。 通常のカードローンでは行われていないサービスです。 学生による、口コミでの利用者増加を狙う意図があると考えられます。

その2:実家やアルバイト先への連絡なし 通常のカードローンを利用すると、審査の際に勤務先に在籍確認があることが殆どです。 家族や、バイト先の人にローンを利用していることを知られたくないという学生の気持ちを汲んだ配慮となっています。 但し、長期滞納をしている場合には連絡する場合があるので気を付けましょう。

その3:免許証や保険証がなくても学生証さえあれば申込が可能(一部の業者に限る) 社会人だと、免許証や保険証、社員証を身分証明として提出しなければなりません。 学生は学生証が一番の身分証明となるので、免許証・保険証がなくても申込が可能なところもあります。 もちろん、免許証や保険証があれば尚良いです。

その4:卒業した後も、継続して利用することができる 学生時代に利用していたのならば、そのままの利率で利用することができます。 これは嬉しいポイントですね。 一度利用したことがあれば安心ですし、機会があれば利用しようと思うことでしょう。

以上、主な学生ローンならではの特徴を挙げてみました。 こうしてみると、通常のカードローンとは全然違いますよね。 知名度の高い大手のカードローンを、なんとなく利用している学生もいるかもしれません。 しかし、せっかく学生ならではのメリットがたくさんあるのですから、学生ローンを利用した方がお得ですよ。

↑ PAGE TOP